こどもセンター紹介

Overview

放課後や休日を過ごす地域のこども達に、健全な遊びと生活の場を提供する放課後児童クラブ(学童保育)です。こども達は4つのクラブに分かれ、宿題や好きな遊び、おやつタイムに片づけなど、仲間と一緒に楽しみながら自由な時間を過ごします。学校が休みの土曜日や、春・夏・冬休み期間中も利用できます。
「ただいま!」と元気に帰ってくるこども達にとって、ここは学校と家庭の間にあるもう一つの居場所。多彩な学習、体験、遊びのプログラムを通じて豊かな人間性を育み、一人ひとりの成長をサポートしています。
放課後児童クラブ (小学生対象)

『アンドロメダクラブ』『スバルクラブ』 『カシオペアクラブ』『オリオンクラブ』

住所 〒709-0802  赤磐市桜が丘西3-14-19
電話番号/FAX番号 Tel.086-955-5665  
Fax.086-955-7500
対象 就労などによって放課後や長期休業中などに保護者が家庭にいない小学1~6年生の児童に、様々なあそびや生活の場を提供したり、発達段階を踏まえた支援をしたり、こどもたちの健全な育成を図る事業です。
“誰かのためにする組織ではなく、みんなでこどもたちの健全な育成を願って子育てする場”です。保護者と支援員との協同の子育ての場となることをめざします
定員 000名

Access Map

Flow

平日
15:30頃

登所
おやつ
学習時間

16:00〜

室内あそび
戸外あそび

18:00〜
20:00

延長利用

  • ただいま

    学校が終わると、支援員が下校時間に合わせ子どもたちを迎えにいきます。帰ってくると学校生活で楽しかったことや友だちとの関わり、自分の思いなどの話を聞いたり、ひとり一人の表情から体調や子どもの状態を把握したりします。

  • おやつ

    みんなで、給食室の手作りおやつを食べます。食べながら、その日の学校での話をしたり、あそびの相談をしたり…と楽しいひと時です。

  • 学習

    こどもたちが宿題をすることが毎日の習慣になるように働きかけます。宿題は、クラブでするように支援員が声かけや確認をしながら促しますが、お子さんのつまづきや学習の進み具合等の確認は、必ずご家庭でお願いします

  • あそび

    友だちや支援員と一緒に自分のしたいあそびを楽しみます。
    みんなの時間がそろえば、近くのどんぐり公園や小学校へあそびに行くこともあります。しっかり遊びきった喜びや思いは、成長中の子どもの感性を豊かに育てます。
    時には友だちと衝突することもあります。その中で色々なトラブルを解決する力が育ったり、社会性が身についたりします。子どもは子どもの中で大きくなっていきます。

School refusal child support

〇暮らしサポート事業(小中学生・高校生(年齢)対象)

『ひのきカフェ』

学校生活につまずきをかんじている、家に閉じこもっているなど学校へ行きづらい子たちへのサポートです。午前10時から午後2時までの間で、来たい時にカフェに来てゆっくり過ごし、そして自分のやりたいことを見つけ、前向きになってもらえればと思っています。

電話、メールでのお問い合わせも受けつけております。お気軽にご連絡ください(通信の秘密は厳守します)。

  • メールでのお返事は、当センターの業務の混み具合により少々お時間を頂く場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 電話番号  086-955-7000

Creating a place for children

〇学力サポート事業(小学生対象)

『ひらめき』

勉強につまずきを感じている小学生に対して、少しでも勉強に前向きになれるようサポートしています。少人数ずつで元教員や大学生などのサポーターが、分からないところや苦手なところをじっくり支援します。時にはクッキングやお楽しみ会などもあり、楽しみながら学力の基礎の向上を図っています。

〇暮らしサポート事業  こどもたちの居場所作り(小中学生対象)

■こどもたちの居場所作り
『ひのきカフェさたでー』『さんカフェぷらす』

土曜日の午後に、センターの一室を開放しています。いつ来て、いつ帰ってもいいという形で、自分たちだけの居場所になるように、場所を提供しています。

■こどもたちへのあそび提供
『あそぼうデー』『きっずクラブ』

いろいろなあそびをみんなでやることで、達成感や充実感を味わってほしいという思いで企画・運営しています。毎回にぎやかで笑顔があふれ、ときに真剣なこどもたちの様々な表情が見られます。